検索
  • いわさききょうこ

手帳


父の

お墓参りに行ってきました。


今日は月命日&

両親の結婚記念日(40年)でした。


お墓のまわりを

ちょうちょがひらひら飛んでいました。


どのあたりにいるのかな。


世界でコロナが流行って

君の楽しみにしていたオリンピックは

延期になったよ。

みんなとにかく大変だよ。


変わってしまうね。

君の知ってるあの世界から

どんどん変わっていってしまうね。


一夜眠るごとに

君の気配は鮮やかさを失って

なんかもう

水彩画のようになってしまった。

とても優しく美しいけれど

もう僕には手を出せない

寂しいよ。


——


こんな日は


こっそりもらった

父の最後の手帳に触れてみる。


日記的な要素は一切なく

仕事と私のツアーやライブのスケジュールだけで

真っ黒になってる手帳。

ちょっと前まで

そこにあった現実。


ずしんと心臓がなる。


これに触れるたびにね


今やれることを淡々とやるんだと


そんなふうに

思えるんだよ





78回の閲覧

© 2015 KYOKO IWASAKI