検索
  • いわさききょうこ

短編映画Bird Woman





いわさききょうこが

Black Bird役にて

オリジナル曲「青空でなくてかまわない」と共に

出演させていただきました

短編映画『Bird Woman』は

無事に完成し

現在、海外映画祭に応募をしている段階です。


映画大好きミュージシャンの私としては

飛び跳ねるほど嬉しいことです。


なんと

憧れのIMDbにも名前が、、、涙。

https://m.imdb.com/title/tt18831110/?ref_=m_nm_knf_i1


 

そして、、

今後、映画を広げていくための

配給宣伝費や海外展開費用をご支援していただくクラウドファンディングが

2022/5/21からスタートしました。


リターンには

DVDやパンフレットなどもあります。


以下

監督の大原とき緒さんからのメッセージを

そのまま添付させていただきます。


このタイミングで

クラウドファンディングを再度スタートすることになった経緯、また今後のスケジュール、熱き思いなども

書かれています。


ご一読いただき

応援しよう!と思っていただけましたら

ぜひ

拡散、シェア、ご支援

よろしくお願いします!!


——-

——-


「女性たちが連帯し痴漢を撃退する短編映画『Bird Woman』公開を応援ください」クラウドファンディングページ・GoodMorning(CAMPFIRE)5/21からオープンしました❣~6/18まで🚪

https://camp-fire.jp/projects/view/589171


こんばんは、大原とき緒です。


皆さまのお力添えをいただいて完成しました短編映画『Bird Woman』は、現在、海外映画祭に応募しているところです。無事に完成までたどり着けましたこと、感謝しております✨


今後、どうやってこの映画を広げていくか、話し合った上で、配給宣伝費や海外展開費用をご支援していただくクラウドファンディングを明日5月21日(土)から開始することにいたしました。


「社会問題と向き合う人のクラウドファンディングGoodMorning(CAMPFIRE)」で行わせていただきます。こちらが準備中のプロジェクトページのリンクになります。

https://camp-fire.jp/projects/589171/preview?token=3fb938gy


5月21日の開始時間になりますと、公開ページに移行いたします。事前にお気に入りに追加いただけますと、公開後にメールが届くようになっております。


既に昨年の製作費を募るクラウドファンディングにご支援・応援いただいた方も、拡散やシェアに、引き続き、ご協力いただけますと助かります。その他、こういう所に話をもっていったら、応援してもらえるのでは?と言ったご意見もいただけますと、ありがたいです。


また、今回は、パンフレットやDVDといった物の他に、付けるというアクションによって、痴漢を無くそうという「痴漢撃退!バッチ」もリターンで、ご用意しております。


パンフレットやクレジット等に「協賛」名を記載する「企業様向け協賛」、「個人協賛」もございます。


一度、プロジェクトページをご覧いただき、よろしかったら、再度、ご支援いただけますと助かります🐥


どうぞよろしくお願いいたします!


《クラウドファンディングを行う経緯》


この『Bird Woman』は、自己資金50万円と、昨年のクラウドファンディングで219名の日本と海外の方からご支援いただいた約110万円で、2021年5月から7月の間に撮影を行いました。当初、借りる予定だった交通機関がコロナの為、 借りられず、メインである電車シーンの撮影費用は予算の2.5倍になりました。また、ロケ場所探しが難航した為、その影響で撮影保険やロケハン費用も増額になりました。撮影は、企業からの協賛と自己資金を追加して行うことができました。映画を完成させるポストプロダクション費用は、文化庁の補助金をいただいて、完成させることができました。しかし、そこで資金は尽きてしまいました。


メジャーな交通機関で撮影することになったおかげで、映画自体の豊かさや見応えはアップしました。完成した映画を観て、 私達はこの映画をパンデミックや戦争で閉塞感や絶望感の漂う今だからこそ、多くの人に届けたいと改めて考えました。私達はこの映画をより多くの人に届ける為、配給宣伝費等を皆さんにご支援していただきたく、プロジェクトを立ち上げました。皆さんと一緒にこのユニークな映画を広げ、羽ばたかせていただきたく、ご支援をよろしくお願いいたします。


《『Bird Woman』あらすじ》


100年に一度のパンデミックに見舞われる東京。それでも朝の通勤電車は相変わらず混雑している。口を覆うマスクの息苦しさ、マスクで顔を隠していることを利用して痴漢をしてくる男たち、すべてにうんざりしているトキ。ある朝、トキは、動物のマスクを手掛ける友達に、朱鷺(トキ)のマスクを注文する。そしてそのマスクを着け、電車に乗ったトキは思いもよらぬ行動をとる。それがたちまちSNSで話題になり、映像はウィルスの様に拡散されていく。


瞬く間に”ヒーロー”になった「Bird Woman」に賛同し、鳥のマスクを着ける女性たちが次々と現れる。やがて事態は警察や政治をまきこみ、一旦は沈静化したように思えたが…。女性たちの解放はやがて、東京から、世界中へと広がっていく―。


《概要》

短編映画『Bird Woman』/21分

キャスト:大原とき緒、川嶋一実、小林でび、いわさききょうこ、酒井麻吏、野口花緒、上里まつり、深澤充、松本圭世、小野啓太、養田和裕、新月灯花


監督:大原とき緒、脚本:ヘルチャン・ツィホッフ 、撮影監督:斎藤文、ヘアメイク:田中みどり、音楽:松岡政長、サウンドデザイン:吉方淳二


Bird mask artists: ダフネ・ツィホッフ、竹内実咲、信耕ヒロ子、造形:奥田素子


アソシエイトプロデューサー:倉石ようこ、プロデューサー:大原とき緒


『Bird Woman』公式Facebookページ

https://www.facebook.com/birdwoman.zero

『Bird Woman』公式Twitter

https://twitter.com/ShortmovieBird1


どうぞよろしくお願いいたします!

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示