top of page
検索
  • 執筆者の写真いわさききょうこ

東京新聞朝刊とWeb記事

国際女性デーの2023/03/08

長編オムニバス映画「人形たち~Dear Dolls」が

東京新聞朝刊とWeb記事にて

紹介されたそうです!



長編オムニバス映画「人形たち~Dear Dolls」は

短編映画「Bird Woman」と共に


東京『池袋シネマ・ロサ』で

4月8日から1週間レイトショー


大阪『シアターセブン』でも

4月15日から1週間ロードショー にて


上映されます!!


ぜひ

足をお運びください(^^)



いわさききょうこは

オムニバス映画「人形たち~Dear Dolls」の

エンディング曲「ヒトトシテ」


また

短編映画「Bird Woman」では

Black Bird役にて出演&劇中歌として「青空でなくてかまわない」を弾き語りしています



予告編はこちら↓↓



-----



◼️2023年4月8日(土)-4月14日(金)

池袋シネマ・ロサにて、1 週間限定レイトショー

○シネマ・ロサでのチケット情報〇

前売券:1,400 円 (池袋シネマ・ロサ劇場窓口にて2月9日より販売。ポストカード付)

当日一般:1,800 円/高校生以下:1,000円

水曜サービスデー:1,100円

リピーター割引:1,100 円(『人形たち~Dear Dolls×Bird Woman』半券提示)

シネマ・ロサ公式HP https://www.cinemarosa.net



◼️2023年4月15日(土)-4月21日(金)

シアターセブンにて、1 週間ロードショー

シアターセブン公式HP http://www.theater-seven.com/

-----



《「人形たち∼Dear Dolls」作品紹介》


人形をモチーフに、生きづらさを感じている女性たちのストーリー。

わたしたちは、まだ、人間になってない。

重いテーマを扱いながらもコミカルな味わいが光り、観終わった後には希望を感じる作品に仕上がっているの は、対立よりも和をもって、この世界をより良くしたいという4人の意志によるもの。

《各ストーリー》

海上ミサコ監督『怒れる人形』

上司から受けているハラスメントに苦しむ姉サラサ。妹ナズナは怒り、姉がくれた人形「カウボーイのケンジ」になりきり、上司に復讐 すべく投げ縄の特訓をする。そんなナズナの目の前に現れたのは.........。

大原とき緒監督『Doll Woman』

人形と暮らす女が、人形と暮らす男と出会う。荒んだ時代のガール・ミーツ・ボーイ。

⻄川文恵監督『JOMON−わたしのヴィーナス』

将来に悩む11歳の女の子ちひろは、田んぼで手のひらサイズの古代の女性像を見つける。女性像は女に化身し踊り始め、古代の 女性の生き様を表現する。ちひろはその姿に生きる道標を見つける。

吉村元希監督『オンナのカタチ ヒトの形をして生まれながらも存在消されしモノの情景』

オンナのカタチ、について考える。女らしさとは何か。女性であることとはどういうことか。現実と虚構の間を行き来しながら、監督本 人の過去を現在を織り交ぜながら、女性の表象について考察する。

《映画概要》

『人形たち~Dear Dolls』/2023年/83分/カラー/ステレオ

参加監督:海上ミサコ、大原とき緒、西川文恵、吉村元希

エンディング曲「ヒトトシテ」

作詞・作曲・歌:いわさききょうこ

MA:吉方淳二

タイトルデザイン:鈴木規子

プロデューサー:大原とき緒

製作・配給:movies label will

-----

Bird Woman

鳥に変身することで自分の力を見つけた女性。

女性達のエンパワーメント、革命。

監督・主演:大原とき緒

脚本:ヘルチャン・ツィホッフ

プチョン国際ファンタスティック映画祭(2022年7月)インターナショナルコンペティション部門選出作品

【公式Twitter】twitter.com/ShortmovieBird1

【ティザー】youtu.be/1nFsd4Jvjak

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

南信

バス旅

Comments


bottom of page