Bird Woman

Bird woman.jpg

短編映画「Bird Woman」

監督:大原とき緒

脚本:ヘルチャン・ツィホッフ

A woman finds her power by changing into a bird.

鳥に変身することで自分の力を見つけた女性のストーリー

いわさききょうこはBlack Bird の役で出演させていただき

「青空でなくてかまわない」を劇中で弾き語りしました。

 

2022.7.7~17 韓国富川市で開催の

第26回プチョン国際ファンタスティック映画祭

インターナショナルコンペティション部門に選出

招待を受け

参加してきました!!

 

2022.7.7

オープニングセレモニーにて

Black Birdの衣装にて

レッドカーペットを歩きました。

直前にはテレビ電話でメイクの田中みどりさんに

Black Birdメイクチェックをしていだだきました。

当日は精一杯で

考える余裕がなかったですが

今考えると、本当に夢のような時間でした。

そのときの様子は映画祭の公式Facebookにも取りあげられていました。

  • Facebook
  • YouTube

​2022.7.8

いくつかの山を乗り越え

ついに、監督の大原とき緒さんが到着!!

本当に頼もしく感じました。

そして

監督、ヘルチャンさん、私3人揃って

Bird Womanの世界初上映(ワールドプレミア)

Q&Aに参加できたのです。

前後の数々の難題を考えると、、

奇跡のような時間でした。

私も質疑応答の隙間に弾き語りさせていただきました。

そのときの様子、監督へのインタビューを

毎日新聞「ひとシネマ」で書いていただきました!

また

映画祭公式 YouTubeチャンネル にも

 

Bird Woman が世界に飛び立った日です!!

 

2022.7.9

夜開催された公式パーティーにて

二曲歌わせていただきました!

初日のパーティーでお会いしたHさんがYouTubeを聴いてくださり

声をかけてくれたのです。

 

2022.7.10

ゲストバッジがあると1日に4本映画が見られるので鑑賞

日本の飯塚花笑監督「Angry son」(世界は僕らに気づかない)

高崎を舞台にしたフィリピン人のお母さんと暮らす少年の葛藤、歩みゆく話です。

お母さん役の方の演技、エネルギー、特に素晴らしかった。

韓国のホラー「seen」

英語字幕の消える速さに最初ビックリしましたが

なんとかついていきました。

2022.7.11

夜はショートフィルムの授賞式。

Bird Womanは受賞ならずでしたが

この数日の経験は、賞をとるよりずっと重要で

大きなものに感じました。

2022.7.12

私にとっての最終日は

やっぱり映画!!

監督と共に

はじめてこんなにショートフィルムを見ました。

ショートフィルムの面白さを知ってしまった感じで

これからは機会を見つけて見ようと決めました。

わたしは

今日帰ってきましたが

監督とヘルチャンさんとBird Womanのプチョンはまだ続きます!

今日は2度目の上映があり

一人でアタックされましたが

Twitterなどに韓国の方が数名つぶやいてくれていたりして

よき上映となった感じが伝わってきました。

残りの日々もファイティン!。

 

関わってくれたすべての皆さま

応援してくれた皆さま

本当にありがとうございました!!

 

そして

大原とき緒監督、ヘルチャンさん

ありがとうございました*\(^o^)/*

残りのプチョンもファイティン!。

 

いわさききょうこ

2022.7.13

main.jpg
AB0F54E3-55FD-49EA-A164-6C3F527A3C86.jpeg
368E30E4-7DF2-46C7-9A7E-45449D8A4B8F.jpeg
IMG_8866.jpeg
92EFE028-23C1-4248-8A45-5009F96EB233.jpeg
1BA61469-0FCA-4CA2-B6BE-7F6FE8E040CF.jpeg
5D202032-7160-454F-B76E-537620F24C40.jpeg
94F37738-0662-4577-BD24-6A3ED18046FB.jpeg
Screenshot 2022-08-15 at 00-20-01 통기타 치며 입장하는 버드우먼의 주인공 '이와사키 쿄코'.png
  • Facebook